岡山理科大獣医学部

今治市、愛媛県に補助金正式要請へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年度中に大部分の施設が完成する岡山理科大獣医学部キャンパス図(点線内)=加計学園提供
今年度中に大部分の施設が完成する岡山理科大獣医学部キャンパス図(点線内)=加計学園提供

 学校法人「加計学園」が運営する岡山理科大獣医学部の来春の開学が文部科学相に認可されたことを受け、愛媛県今治市の菅良二市長は今月中に中村時広知事を県庁に訪ね、補助金支出を正式に要請する。21日の市議会国家戦略特区特別委で市が明らかにした。また、学園の建設計画では今年度以降の3~4年でキャンパスが完成するため、市は今後3~4年、年度ごとに議会の議決を経て補助金を支出するとの見通しを示した。

 市議会は今年3月、校舎建設費192億円の半額に当たる96億円(県との合計限度額、うち市の上限64億円)の債務負担行為をする議案を可決している。県への支援要請について秋山直人・市企画課長はこの日、「今月中に申し入れできるよう県とスケジュール調整している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文716文字)

あわせて読みたい

ニュース特集