メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大西洋マグロ

漁獲枠拡大合意 20年まで5割以上

大西洋などで取れた大きな冷凍マグロ=松本光樹撮影

 日本や欧州連合(EU)などがクロマグロの資源管理を議論する大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)は21日(日本時間22日未明)、東大西洋・地中海の2018~20年の漁獲枠を現行から5割以上拡大することで合意した。漁獲規制などで資源回復が進んだため。日本に割り当てられる漁獲枠も4割以上増えることになり、高級すしネタや刺し身として人気のクロマグロがより身近になることが期待される。

 モロッコ・マラケシュで開かれていたICCAT年次会合で合意した。ICCATが定める17年の東大西洋…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです