メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大西洋マグロ

漁獲枠拡大合意 20年まで5割以上

大西洋などで取れた大きな冷凍マグロ=松本光樹撮影

 日本や欧州連合(EU)などがクロマグロの資源管理を議論する大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)は21日(日本時間22日未明)、東大西洋・地中海の2018~20年の漁獲枠を現行から5割以上拡大することで合意した。漁獲規制などで資源回復が進んだため。日本に割り当てられる漁獲枠も4割以上増えることになり、高級すしネタや刺し身として人気のクロマグロがより身近になることが期待される。

 モロッコ・マラケシュで開かれていたICCAT年次会合で合意した。ICCATが定める17年の東大西洋・地中海での総漁獲枠は年間2万3655トンで、そのうち日本には1931トンが割り振られている。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです