メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手1シリーズA

沖縄に世界王者集結 25日から最終戦

女子組手68キロ超級、2016年の世界選手権で初優勝した植草歩。日本女子組手の顔として、沖縄大会でも優勝を狙う=空手道マガジンJKFan提供

 空手1シリーズA2017沖縄大会は、25、26日の2日間の日程で那覇市の沖縄県立武道館で開かれる。

 世界空手連盟(WKF)の主催の空手1は、世界規模のオープン大会で1年間にわたり各地で行われている。このうち、年間4回行われるシリーズAは、1国1人の世界選手権や大陸選手権と異なり、世界中の選手が制限なく参戦できるため、規模・競技レベルが世界選手権を上回ることもある。

 沖縄大会は、「WKFランキング」を決定するためのポイント獲得対象で、17年シーズンの最終戦。上位クラスのプレミアリーグに来年出場できるかどうかを左右するポイントが上積みできる重要な大会だ。 プレミアリーグの戦績は、最終的には東京五輪出場にも大きくかかわってくるため、沖縄が「オリンピックへの道」へとつながる第一歩となる。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです