メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦像

安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」

中華街の公園に設置されている旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像=米サンフランシスコで2017年11月14日、長野宏美撮影

サンフランシスコ市長に

 米サンフランシスコ市議会が旧日本軍の従軍慰安婦像の寄贈を受ける議案を可決した問題が、21日の衆院本会議の代表質問で取り上げられた。安倍晋三首相は「我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾」と述べ、エドウィン・リー市長に対し、像の受け入れを拒否するよう政府として申し入れたことを明らかにした。日本維新の会の馬場伸幸幹事長に対する答弁。

 像は中国系の民間団体が設置し、市に寄贈を申し出た。議案可決から10日以内なら市長は執行を拒否でき、期限は今月24日。

 大阪市の吉村洋文市長は、像が公的管理になればサンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消する意向を表明。15日付でリー市長に宛てた書簡で、拒否権が行使されなければ関係解消を申し入れることを明記した。【岡崎大輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
  2. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割
  3. 甲子園ボウル 日大が優勝 27年ぶり21回目
  4. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
  5. ガンプラW杯2017 中2の畑めいさんがジュニアコースの初の世界王者に “最後の挑戦”で有終の美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]