メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普天間移設

「後援会長に1000万円」鶴保氏が報道否定

鶴保庸介前沖縄・北方担当相=川田雅浩撮影

「しんぶん赤旗」報道に「まったく身に覚えがない」

 自民党の鶴保庸介前沖縄・北方担当相は21日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事を巡り、後援会長が鹿児島県の採石業者から金銭を受け取ったという「しんぶん赤旗」の報道について「まったく身に覚えがない」と否定した。菅義偉官房長官と首相官邸で会談した後、記者団に語った。野党は国会で追及する構えをみせている。

 19日付の赤旗日曜版によると、移設工事への参入を狙う業者は閣僚在任中の鶴保氏と大臣室で7回面会し、…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文523文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです