衆院

公明は憲法質問せず 「国会が発議することを…」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党の井上義久幹事長は21日、衆院本会議での代表質問で憲法改正に触れなかった。本会議後、井上氏は「国会が発議することについて内閣にあえて問う必要はない」と記者団に語った。衆院選後、公明党幹部からは改憲に慎重な発言が続いており、安倍晋三首相のペースになることへの警戒感が代表質問にも表れたとみられる…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

あわせて読みたい

ニュース特集