メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院

公明は憲法質問せず 「国会が発議することを…」

 公明党の井上義久幹事長は21日、衆院本会議での代表質問で憲法改正に触れなかった。本会議後、井上氏は「国会が発議することについて内閣にあえて問う必要はない」と記者団に語った。衆院選後、公明党幹部からは改憲に慎重な発言が続いており、安倍晋三首相のペースになることへの警戒感が代表質問にも表れたとみられる…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです