メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

在英のEMAはアムステルダム、EBAはパリに移転

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は20日に総務理事会を開き、ロンドンに本部を置くEUの2機関の移転先を決定した。新薬の承認などを担う欧州医薬品庁(EMA)はオランダのアムステルダム、加盟国の銀行監督当局を統括する欧州銀行監督機構(EBA)はフランスのパリが勝ち取り、英国が離脱する2019年3月末までの移転を目指す。

 製薬・銀行業界の欧州拠点の再編につながる可能性もあることから、EMAには19都市、EBAには8都市が名乗りを上げ、激しい誘致合戦を展開。理事会では英国を除く27加盟国が投票で各2都市にまで絞り込んだ。その結果、アムステルダムとミラノ(イタリア)、パリとダブリン(アイルランド)がそれぞれ決選投票に進出。いずれも獲得票が同数となり、最後はくじ引きで決めた。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです