メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

在英のEMAはアムステルダム、EBAはパリに移転

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は20日に総務理事会を開き、ロンドンに本部を置くEUの2機関の移転先を決定した。新薬の承認などを担う欧州医薬品庁(EMA)はオランダのアムステルダム、加盟国の銀行監督当局を統括する欧州銀行監督機構(EBA)はフランスのパリが勝ち取り、英国が離脱する2019年3月末までの移転を目指す。

 製薬・銀行業界の欧州拠点の再編につながる可能性もあることから、EMAには19都市、EBAには8都市…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです