メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒト受精卵

ゲノム編集、生殖医療研究を指針で規制へ

 ヒトの受精卵の遺伝子をゲノム編集技術などを使って改変する研究を巡り、内閣府生命倫理専門調査会の作業部会は21日、生殖補助医療を目的とする研究を指針で規制するなどとした素案を策定した。法整備の必要性を求める意見もあったが、現時点では見送った。

 ヒトの受精卵の遺伝子を改変する研究は、生命の始まりの解明などが期待される一方、親の好みの能力や容姿を持った「デザイナーベビー」誕生につながる可能性もある。生殖補助医療大国と呼ばれる日本は600以上のクリ…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです