メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省有識者委

木質バイオマス発電、入札で事業者選別

 再生可能エネルギーでつくる電力を電力会社が買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」の木質バイオマス発電の申請が急増している問題で、発電所の認定要件の見直しを進めていた経済産業省の有識者委員会は21日、2018年度以降に入札制度を導入する方針を決めた。認定された全ての発電所が稼働すれば国民負担が大きすぎると判断した。

     木質バイオマス発電を巡っては、買い取り価格引き下げが決まって以降、大規模発電所(出力2万キロワット以上)の「駆け込み」申請が相次ぎ、認定された発電量は316万キロワット(昨年11月末)から1146万キロワット(今年3月末)に急増した。経産省によると、全ての発電所が稼働すれば30年度の買い取り費用は1兆8000億円にもなり、当初想定の3倍に達するという。急増した背景には、これまでは事業者が申請の要件さえ満たしていれば、発電施設建設の裏付けなどがなくても認定されていた実態がある。

     この日の委員会では、申請した事業者が多数あることから入札が制度として成立するとして導入を了承。対象となる発電所の規模など制度の詳細は今後の同委員会の議論で決める。また、認定された発電所が稼働し始めると、木質ペレットやパーム油などの燃料の調達が困難となることが予想されることから、すでに認定された発電所も含め、燃料を合法的に調達したことを示す契約書などの提出を義務づけることになった。

     現在、認定された発電所全てが発電した場合、主な燃料となるペレットで世界全体の生産量を上回る約3000万トンが必要となり、その数は国内での生産量の250倍に相当する。実態と懸け離れた発電量が認定されていたことを受け、同委員会が認定要件の見直しを進めていた。【鈴木理之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    3. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
    5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]