日本オケの首席奏者たち

子ども授かって、チェロの音変わった 読響 遠藤真理さんインタビュー【後編】

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
チェリストの遠藤真理さん
チェリストの遠藤真理さん

 17年4月から読売日本交響楽団(読響)のソロ・チェロ奏者としても活躍するチェリストの遠藤真理さん(35)。インタビューの後編では、チェロをはじめたきっかけやプロを目指した時期、また今後の抱負などを聞いた。(前編はこちら)【聞き手・西田佐保子】

目の前の目標をたどってその先にあるのが「プロの演奏家」

 ――3歳からチェロをはじめたきっかけを教えてください。

 最初は、2歳年上の兄がレッスンに通っていた先生についてヴァイオリンを習うことになっていたようです。ただ、そこで新たにチェロ教室を開くことになり、「兄弟で違う楽器の方がいいでしょう」という先生のアドバイスで、私はチェロをはじめることになりました。当時のことは全く覚えていないですし、自分の意思もほぼなかったように思います。ただ、やさしいチェロの先生が大好きでした。

この記事は有料記事です。

残り3197文字(全文3556文字)

あわせて読みたい

ニュース特集