メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エィ・ダブリュ瑞浪

県庁で立地協定締結 AT工場 /岐阜

工場立地で協定を結んだ(左から)古田知事、瑞浪市の水野市長、エィ・ダブリュ瑞浪の青木社長、アイシン・エィ・ダブリュの尾崎社長=県庁で

 自動変速機(AT)生産会社「エィ・ダブリュ瑞浪」の工場立地に伴う協定締結式が22日、県庁であった。瑞浪市小田町の「ソニー瑞浪」跡地への立地で、敷地面積約22万5000平方メートルは県内への企業進出で過去最大規模。

 AT世界最大手のアイシン・エィ・ダブリュ(愛知県安城市)が今年9月、工場用地と建物を取得。高速道路アクセスなどの利便性が決め手だった。100…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです