メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

補助犬シンポに寄せて/下 「3代目」伴い講演で啓発、木村佳友さん 「教育で認知度アップを」 /兵庫

2代目の介助犬だったエルモ(右)と3代目の介助犬デイジーと自宅で過ごす木村佳友さん=兵庫県宝塚市内で、高尾具成撮影

 <身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法15年>

増えぬ介助犬 22県で実働ゼロ

 「日本介助犬使用者の会」会長を務める木村佳友さん(57)=宝塚市=は、補助犬への関心を深めてもらおうと、3代目の介助犬デイジー(ラブラドルレトリバー雌、5歳)と一緒に学校や企業、医療関係者の集まりなどで講演を続けている。1996年、最初の介助犬のシンシア(ラブラドルレトリバー雌)と始めてから20年以上にわたる活動は、約650回を数える。

 身体障害者補助犬法(補助犬法)の成立・施行から15年を迎え、木村さんは自宅のバルコニーで思いを巡ら…

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです