メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

補助犬シンポに寄せて/下 「3代目」伴い講演で啓発、木村佳友さん 「教育で認知度アップを」 /兵庫

2代目の介助犬だったエルモ(右)と3代目の介助犬デイジーと自宅で過ごす木村佳友さん=兵庫県宝塚市内で、高尾具成撮影

 <身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法15年>

増えぬ介助犬 22県で実働ゼロ

 「日本介助犬使用者の会」会長を務める木村佳友さん(57)=宝塚市=は、補助犬への関心を深めてもらおうと、3代目の介助犬デイジー(ラブラドルレトリバー雌、5歳)と一緒に学校や企業、医療関係者の集まりなどで講演を続けている。1996年、最初の介助犬のシンシア(ラブラドルレトリバー雌)と始めてから20年以上にわたる活動は、約650回を数える。

 身体障害者補助犬法(補助犬法)の成立・施行から15年を迎え、木村さんは自宅のバルコニーで思いを巡ら…

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1830文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです