メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙の門松

神様迎える 印刷、発送 /高知

印刷された紙の門松を手にする共和印刷の酒井陽典社長=高知市上町3で、松原由佳撮影

 高知の冬の風物詩「紙の門松」の印刷がこのほど、共和印刷(高知市上町)で行われた。

 紙の門松は1952年ごろ、森林資源の保護などを目的に始まった。A4判の紙に1組の門松のイラストが印刷され、切り離して玄関などに飾る。

 今年は8日に印刷をした。A2判ほどの大きさの紙に印刷された門松を手に、社員が色や汚…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]