メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙の門松

神様迎える 印刷、発送 /高知

印刷された紙の門松を手にする共和印刷の酒井陽典社長=高知市上町3で、松原由佳撮影

 高知の冬の風物詩「紙の門松」の印刷がこのほど、共和印刷(高知市上町)で行われた。

 紙の門松は1952年ごろ、森林資源の保護などを目的に始まった。A4判の紙に1組の門松のイラストが印刷され、切り離して玄関などに飾る。

 今年は8日に印刷をした。A2判ほどの大きさの紙に印刷された門松を手に、社員が色や汚…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです