メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリンピック教室

五輪の価値や精神伝える 女子バスケの永田さん、卓越・友情・敬意を大切に 田川・後藤寺中 /福岡

体育館で実技指導をする永田さん(左)

 田川市立後藤寺中(樋口俊治校長)で22日、女子バスケットボールで五輪に2度出場した永田睦子さん(41)を招いて「オリンピック教室」が開かれた。

 オリンピアン(五輪出場者)の経験を通して五輪の価値を伝え、その精神を生活にも生かしてもらおうと、日本オリンピック委員会(JOC)が全国の中学校で開いている。

 永田さんは長崎県南島原市出身で、社会人のシャンソン化粧品で活躍。五輪はアトランタ(1996年)とアテネ(2004年)の2大会に出場した。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  4. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  5. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです