メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/3 高線量区間、除染手探り

放射線量が高い大野-双葉駅間で草刈りなどの除染作業にあたる作業員=福島県内で2015年8月(JR東日本水戸支社提供)

 「復興の象徴だ」--。10月21日朝、JR東日本常磐線富岡駅(福島県富岡町)の真新しいホームに青いラインの入った電車が滑り込むと、拍手と歓声が湧いた。2011年3月の東日本大震災後、東京電力福島第1原発事故の影響に苦しんできた富岡は4月に国の避難指示が解除されたばかりだ。居住者数は震災前の2%強(10月1日時点)。町は多くの避難者が暮らす同県いわき市のいわき駅までを約40分で結ぶ鉄路の再開を「住民帰還の弾みに」と期待する。

 東京都心から北関東を通り、福島、仙台方面につながる常磐線(約340キロ)はJR東の在来線で旅客収入…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  2. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです