メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中国と独裁者の関係=坂東賢治

 <moku-go>

 女優のニコール・キッドマンさんが国連通訳を演じた米映画「ザ・インタープリター」(2005年)はニューヨークの国連本部での撮影が初めて認められた映画だ。

 通訳がアフリカの言葉で語られた暗殺計画を偶然耳にしたことから始まるサスペンス。国連総会に出席するアフリカの独裁者が狙われるという筋立てだ。

 この映画を上映禁止にしたのがジンバブエだった。映画は架空の国が舞台だったが、黒人解放の英雄が独裁者…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです