メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・屋台問題めぐる報道

市がBPOに異議「お門違い」批判も フジのドキュメンタリー番組に

繁華街周辺に軒を連ねる屋台。公募などをめぐって議論を呼んだ(写真は本文と関係ありません)=福岡市博多区で2月、和田大典撮影

 屋台を経営していた女性を主人公にしたフジテレビのドキュメンタリー番組が行政を批判的に描いたことで「信頼を失墜させられた」として、福岡市が第三者機関の放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会=1=に審議・審理を申し立てた。関係者によるとBPOは退けたという。放送のご意見番に対して、権力を行使する自治体が申し立てをするのは異例で、専門家から「お門違いでは」との意見も出ている。【合田月美、蓬田正志】

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2777文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです