神津・連合会長

民進系統一名簿、連合が慎重姿勢 19年参院選

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 連合の神津里季生会長は22日、民進党籍者らの衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表が2019年参院選の比例代表で民進、立憲民主、希望の3党による統一名簿方式を提唱したことについて、「今の時点で絶対これじゃなきゃいけないという議論は、少しつんのめっている」と述べ、慎重な姿勢を示した。東京都内で記者団に語った。

この記事は有料記事です。

残り48文字(全文202文字)

あわせて読みたい