メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

性犯罪への意識は変わった=甘糟りり子・作家

甘糟りり子さん

 レイプ被害を実名で告発したジャーナリストの伊藤詩織さんが10月24日に日本外国特派員協会で記者会見したことは、翌日にネットのニュースで知った。主要各紙を確認してみると朝日と産経がこの会見を伝えていた。朝日が618文字、産経が271文字といずれも短いものである。毎日新聞には記事がなかった。

 今年5月、若い女性がカメラに顔をさらし、実名でレイプ被害を告発した時は驚いた。気軽に「同じ女性として」などとは言えない。あえて言うなら、同じ人間として、その勇気にショックを受けた。

 レイプ被害を東京地検が不起訴としたことに対し、伊藤さんは検察審査会に審査を申し立てたが、9月に出た…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文834文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです