熊本市議

議場に赤ちゃん 議会混乱40分遅れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
澤田昌作議長(左)から「これでは議会が開けない」と注意を受ける緒方市議(右)=熊本市中央区で22日、城島勇人撮影
澤田昌作議長(左)から「これでは議会が開けない」と注意を受ける緒方市議(右)=熊本市中央区で22日、城島勇人撮影

 22日に開会した熊本市議会の定例会で、緒方夕佳(ゆうか)市議(42)が生後7カ月の長男を抱いて議場に入場したため開会が40分遅れる混乱があった。議員や職員以外が議場に入ることは規則で禁じられているが、緒方市議は「子育て中の女性も活躍できる市議会であってほしかった」と説明した。市議会は事前に通告なくルール違反を強行したとして問題視する一方、子育て世代の議員のための環境整備について議論を進める方針だ。

 緒方市議は、本会議が始まる午前10時前に長男を抱いて議場の自席に着席した。市議会は「議員や職員以外は傍聴人とみなす」とした上で傍聴規則で「傍聴人は会議中に議場に入ることができない」と定めているため、澤田昌作議長が退場を促した。しかし、緒方市議が聞き入れなかったため別室で協議。長男を友人に預けることで合意したため予定より40分遅れて開会した。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文771文字)

あわせて読みたい

注目の特集