もんじゅ

廃炉手続き前進 地域振興策、地元受け入れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は22日、昨年12月に廃炉を決定した日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、福井県と敦賀市への交付金の増額などを盛り込んだ地域振興策を地元側に提示した。福井県の西川一誠知事は「政府の責任ある対応をいただけた。手続きを進めることを了解したい」と述べ、原子力機構が廃炉計画を原子力規制委員会に申請することを了承し…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集