メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

太陽光発電 進む研究開発 「ペロブスカイト」に脚光

 再生可能エネルギーの代表格とされる太陽光発電。二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを出さないクリーンエネルギーとされる一方、発電コストが高いといったデメリットがある。こうした弱点を克服しようと、より効率の高い新技術の開発が進んでいる。【荒木涼子】

 ●シリコン系に肉薄

 東京電力福島第1原発事故以降、結晶シリコンを使った太陽光パネルが全国各地に設置されるようになったが、それよりもコストが安い次世代型の発電方式として注目されているのが「ペロブスカイト太陽電池」だ。ペロブスカイトとは、数種類のイオンが規則正しく層を作った特殊な結晶構造のこと。鉱物の「灰チタン石」から、同様の結晶構造を発見したロシアの鉱物学者の名前に由来する。

 この結晶構造の物質を太陽電池に応用しようと試みたのが、桐蔭横浜大の宮坂力・特任教授(光電気化学)の…

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1723文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]