メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

夜景と星空の共存を=鴨志田公男

 「夜景と星空は同時に楽しむことができるはずです」

 星好きが集まった民間団体「星空公団」の小野間史樹(おのまふみき)さんにそう言われ、本当ですかと、思わず問い返してしまった。でも、小野間さんの説明には説得力があった。

 都市部で星空が見えにくいのは、余分な照明が上方に漏れているから。照明は本来、必要な場所だけを照らせばいい。そうすれば、星空を邪魔する光害を抑えられる。ムダな光を漏らさない工夫は、省エネにもつながるはずだと。

 ちなみに、小野間さんお勧めの夜景と星空の共存スポットは、東京湾アクアラインのパーキングエリア「海ほ…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1121文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]