メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

夜景と星空の共存を=鴨志田公男

 「夜景と星空は同時に楽しむことができるはずです」

 星好きが集まった民間団体「星空公団」の小野間史樹(おのまふみき)さんにそう言われ、本当ですかと、思わず問い返してしまった。でも、小野間さんの説明には説得力があった。

 都市部で星空が見えにくいのは、余分な照明が上方に漏れているから。照明は本来、必要な場所だけを照らせばいい。そうすれば、星空を邪魔する光害を抑えられる。ムダな光を漏らさない工夫は、省エネにもつながるはずだと。

 ちなみに、小野間さんお勧めの夜景と星空の共存スポットは、東京湾アクアラインのパーキングエリア「海ほたる」だ。夏の天の川を見ることができるという。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです