メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

夜景と星空の共存を=鴨志田公男

 「夜景と星空は同時に楽しむことができるはずです」

 星好きが集まった民間団体「星空公団」の小野間史樹(おのまふみき)さんにそう言われ、本当ですかと、思わず問い返してしまった。でも、小野間さんの説明には説得力があった。

 都市部で星空が見えにくいのは、余分な照明が上方に漏れているから。照明は本来、必要な場所だけを照らせばいい。そうすれば、星空を邪魔する光害を抑えられる。ムダな光を漏らさない工夫は、省エネにもつながるはずだと。

 ちなみに、小野間さんお勧めの夜景と星空の共存スポットは、東京湾アクアラインのパーキングエリア「海ほ…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです