メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

夜景と星空の共存を=鴨志田公男

 「夜景と星空は同時に楽しむことができるはずです」

 星好きが集まった民間団体「星空公団」の小野間史樹(おのまふみき)さんにそう言われ、本当ですかと、思わず問い返してしまった。でも、小野間さんの説明には説得力があった。

 都市部で星空が見えにくいのは、余分な照明が上方に漏れているから。照明は本来、必要な場所だけを照らせばいい。そうすれば、星空を邪魔する光害を抑えられる。ムダな光を漏らさない工夫は、省エネにもつながるはずだと。

 ちなみに、小野間さんお勧めの夜景と星空の共存スポットは、東京湾アクアラインのパーキングエリア「海ほ…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1121文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]