メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城から初マラソンへ

クイーンズ駅伝を前に/中 松田瑞生(22)ダイハツ 勢い支える練習量

今年6月の日本選手権女子1万メートル決勝、1位でフィニッシュする松田=山崎一輝撮影

 今年6月の日本選手権1万メートルで初優勝した松田瑞生(ダイハツ)は8月の世界選手権ロンドン大会にも出場した。勢いに乗る22歳は年明けに初マラソンに挑む予定だ。「ようやくスタートラインに立てる。海外選手にどれだけしがみついていけるかが楽しみ」と心待ちにしている。

 全国高校駅伝の常連である大阪薫英女学院高から入社して4年目。早くから42・195キロを視野に入れており「マラソンをするならダイハツと言われて入った」と松田は言う。ダイハツは2012年ロンドン五輪と13年世界選手権に木崎良子、15年世界選手権に前田彩里と近年のマラソン代表を相次いで出してきた。松田も昨年はリオデジャネイロ五輪代表こそ逃したものの日本選手権1万メートル4位など着実に…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです