メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井・高浜原発

「使用済み燃料、町内保管」 地元容認 「乾式」転換優先

 関西電力高浜原発に隣接する福井県高浜町・音海(おとみ)地区(約60世帯)の自治会が、使用済み核燃料をプールではなく、より安全とされる「乾式貯蔵」に切り替えて町内での保管を容認する意見書をまとめたことが分かった。近く県と町、関電に提出する。住民が地元での継続保管を認めるのは異例。県や関電は燃料を県外搬出する方針だが、受け入れ先の見通しが立たず、地元が「苦渋の判断」をした形だ。

 21日にまとめられた意見書では、プール内の燃料を冷却できない事態に陥った福島第1原発事故の例を指摘…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです