ロイヤルHD

ロボットで効率化 試験導入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ロイヤルホールディングス(HD)は2018年度からの3カ年経営計画を発表し、20年度の目標売上高1500億円の達成に向けて「生産性の向上」を推進している。同時に少子高齢化や労働力不足、原材料高騰など外食産業を取り巻く環境の変化を踏まえ、働き方改革など「成長の種まき」にも取り組む。

 生産性向上の取り組みは、労働力不足に対応するためロボットを活用した作業効率化を試験的に実施。料理を一定段階まで事前に集…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

注目の特集