コインランドリー

スマホで遠隔操作 浦安の会社が開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遠隔操作コインランドリーの実演をするウォッシュプラスの高梨健太郎社長=千葉市稲毛区で21日午後、加藤昌平撮影
遠隔操作コインランドリーの実演をするウォッシュプラスの高梨健太郎社長=千葉市稲毛区で21日午後、加藤昌平撮影

 業務用クリーニング機器専門メーカーの山本製作所(本社・広島県尾道市)と、コインランドリー事業を展開するウォッシュプラス(本社・千葉県浦安市)は21日、スマートフォンで遠隔操作できるコインランドリー「Smart Laundry」を発表した。スマホを使って空き状況確認や決済できる技術は国内で初めてという。

 ウォッシュプラスの高梨健太郎社長によると、新技術は、スマホ専用のアプリを使ってランドリーの空き状況確認や施錠・解錠、クレジットカード決済、領収書発行などを一括して行える。洗濯の完了通知も届くため、店内で待つ必要がなくなる。利用回数によって使える機能が増える特典も用意している。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集