米国

サンフランシスコ市長、慰安婦像受け入れを承認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中華街の公園に設置されている旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像=米サンフランシスコで2017年11月14日、長野宏美撮影
中華街の公園に設置されている旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像=米サンフランシスコで2017年11月14日、長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】米サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は22日、市民団体が市内に建てた旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像の寄贈の受け入れを承認した。像は市有物となり、同市と姉妹都市の大阪市の反発が予想される。

 大阪市の吉村洋文市長は像が公的管理になれば姉妹都市関係を解消するという書簡をリー市長に…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集