結婚支援センター

栃木で盛況 会員数、県の予想を上回る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オープンセレモニーに出席した小山市の大久保寿夫市長(中央)ら=2017年11月22日午前11時31分、萩原桂菜撮影
オープンセレモニーに出席した小山市の大久保寿夫市長(中央)ら=2017年11月22日午前11時31分、萩原桂菜撮影

 栃木県小山市は「いい夫婦の日」(11月22日)に合わせ、「とちぎ結婚支援センター小山」を新たに開設した。出会いの場を提供し、結婚相手探しをサポートする「とちぎ結婚支援センター」(宇都宮市大通り2)の県内2カ所目の施設となる。同センターの会員登録者数は県の予想を上回るペースで増えており、新センターの開設により利便性の向上などが期待される。【萩原桂菜】

 とちぎ結婚支援センターは今年1月、県などで構成する「とちぎ未来クラブ(会長・福田富一知事)」が開設。県こども政策課によると、今年度末までに1500人の会員登録を見込んでいた。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文688文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集