メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マサイキリン

婿入り 2世誕生、首を長くして見守る

2頭は柵越しに寄り添い、コユメ(左)の体に顔を近づける冬真=宮崎市フェニックス自然動物園で2017年11月7日午前9時53分、塩月由香撮影

 宮崎市フェニックス自然動物園で飼育されているマサイキリンの5歳の雌「コユメ」の元に、熊本市動植物園の1歳9カ月の「冬真(とうま)」が“婿入り”した。マサイキリンは国内で飼育数が少なく、繁殖で種をつなげるのが狙い。冬真は1年前の母親に続き10月に父親と死別したばかり。年上のコユメが冬真を包み込んでくれるか。関係者が首を長くして見守っている。【塩月由香】

 フェニックス自然動物園などによると、マサイキリンは、アフリカ東部に分布しており、5メートル近くまで成長する。国内の動物園にいるキリンは、アミメキリン(飼育数118頭)が圧倒的に多く、マサイキリンは8頭だけで、種の保存が課題となっている。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです