メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マサイキリン

婿入り 2世誕生、首を長くして見守る

2頭は柵越しに寄り添い、コユメ(左)の体に顔を近づける冬真=宮崎市フェニックス自然動物園で2017年11月7日午前9時53分、塩月由香撮影

 宮崎市フェニックス自然動物園で飼育されているマサイキリンの5歳の雌「コユメ」の元に、熊本市動植物園の1歳9カ月の「冬真(とうま)」が“婿入り”した。マサイキリンは国内で飼育数が少なく、繁殖で種をつなげるのが狙い。冬真は1年前の母親に続き10月に父親と死別したばかり。年上のコユメが冬真を包み込んでくれるか。関係者が首を長くして見守っている。【塩月由香】

 フェニックス自然動物園などによると、マサイキリンは、アフリカ東部に分布しており、5メートル近くまで…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです