メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇退位

統一地方選を考慮 19年4月30日有力

 天皇陛下が退位される日程について、2019年4月30日に退位し、皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位され、同日から新元号を施行する案が政府内で有力となった。与野党が対決する統一地方選挙が19年4月にあることを考慮し、選挙後の静かな環境で皇位継承を行うことが望ましいとの意見が出ている。

 菅義偉官房長官は22日、臨時の記者会見で、退位日の決定前に意見を聞く皇室会議を12月1日午前9時に宮内庁で開くと発表した。

 政府は3月31日に陛下が退位し、皇太子さまが4月1日に即位する案も検討している。2案のうちから皇室会議の意見を踏まえて決める。退位日を定める政令は早ければ12月5日にも閣議決定する。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです