メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック

子会社パート正社員化 人手不足が経営圧迫

 パナソニックは22日、子会社が運営する介護事業のパートを正社員化する人事制度を来年4月に導入すると発表した。

 パナソニックが介護職の正社員化に踏み切るのは、施設やサービスの拡大路線を進めた結果、従業員の人手不足が深刻化し、経営を圧迫しているからだ。今後、介護事業は「量から質へ」の転換を図る。

 22日に東京都内で記者会見したエイジフリー社の片山栄一社長は「2025年度の売上高2000億円の目標を撤回する」と発表した。

 パナソニックは1998年に介護事業に参入。16年度のエイジフリー社の売上高は340億円と業界大手に…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文765文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
  5. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]