メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ大統領辞任

長期政権から解放 歓喜に沸く人々

 【ハラレ小泉大士】「待ち続けた変革の時が、ようやく訪れた」--。37年間に及んだムガベ長期政権から解放されたジンバブエの人々は歓喜に沸いた。

 93歳になっても権力を手放そうとせず、失脚は「神にしかできない」とまで言われたムガベ氏が21日、辞任した。議会の弾劾手続きが始まった直後、議長によりムガベ氏が提出した辞任表明の書簡が読み上げられた。

 「圧政」の拠点・大統領府前に集まっていた若者らは互いに抱き合い、車のクラクションを鳴らし続けた。一夜明けても興奮は冷めず、「新生ジンバブエ」に対する希望の声が国中にあふれた。コンサルタントのアデレ・マリンダさん(34)は、植民地からの解放に続く「2度目の独立だ」と表現して喜んだ。独裁的なムガベ政権は暴力で人々の声をかき消してきた。短大生のソニヤ・ハラレさん(25)は「これからは誰もが法の下に平等…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです