メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 漫才の世界に飛び込んだものの、なかなか売れっ子になれない若手芸人の徳永(菅田将暉)が営業先の熱海の花火大会で出会ったのは、天才肌で異端児の先輩芸人、神谷(桐谷健太)。それぞれにコンビを組みながら弟子と師匠となったふたりは、ともに時間を重ねていく。又吉直樹の芥川賞受賞作を、芸人で監督でもある板尾創路が映画化。

 原作の印象的なエピソードを忠実にすくいあげながら、ふたりが歩いた10年間の光と影を描き出す。大阪出身の菅田と桐谷は会話のテンポ感が抜群で、ふたりの好演によって次第にすれ違っていく展開の切なさが際立った。絶妙なかけあいで笑わせつつ、相方への思いを漫才にのせて伝えるシーンは見る者の涙腺を刺激。客席の空気感も非常にリアルで、お笑いへの愛情を持つ板尾監督だからこそ撮れたシーンといえるのではないか。夢と現…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  4. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  5. 村上春樹をめぐるメモらんだむ 影響を感じさせる「愛読書」を翻訳 村上さんが「菅ちゃん」と呼んだわけ=完全版

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです