メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 漫才の世界に飛び込んだものの、なかなか売れっ子になれない若手芸人の徳永(菅田将暉)が営業先の熱海の花火大会で出会ったのは、天才肌で異端児の先輩芸人、神谷(桐谷健太)。それぞれにコンビを組みながら弟子と師匠となったふたりは、ともに時間を重ねていく。又吉直樹の芥川賞受賞作を、芸人で監督でもある板尾創路が映画化。

 原作の印象的なエピソードを忠実にすくいあげながら、ふたりが歩いた10年間の光と影を描き出す。大阪出…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです