メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラマ

増える深夜枠 ネット配信や海外展開視野、新規ビジネス模索

テレビ東京の「木ドラ25」で放送されている、けやき坂46主演の「Re:Mind」

 今年に入り、民放各局の深夜ドラマの放送枠が増えている。これまで若手制作者がチャレンジする場だったが、ネット配信や海外展開を視野に入れた新規ビジネスを考える場所に変わっている。【丸山進】

 ■巻き返し図るフジ

 視聴率低迷に苦しむフジテレビは、10月に「ブレイクマンデー24」枠(月曜深夜0時25分)を新設した。フレッシュな出演者や制作者を登用し、ネット上や学校などで話題になる作品を送り出すことを目指す。編成メディア推進部の渋谷謙太郎部長は「かつてはテレビが一番だったが、今は配信を無視できない。若い人に刺さるドラマを作ってきたフジらしく、キラキラしたドラマを作り、若い人を中心にムーブメントを起こしていきたい」と巻き返しを図る。

 水曜(深夜0時55分)には、7月からNTTドコモが運営する動画配信サービスdTVとの共同制作ドラマ…

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです