メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南森古墳

全長最大168メートル 三次元航空レーザーで測量 県内屈指の人工物 /山形

「稲荷森」の約1.7倍、際立つ巨大さ

 今月16日までに見つかった東北最大級の古墳「南森古墳」(仮称、南陽市長岡)は南陽市教育委員会の調べで、推定全長161~168メートルに達することが分かっている。史跡としてはもとより、人工物としても県内屈指の大きさだ。その解明には「三次元航空レーザー測量」という最新の調査手法が導入された。【佐藤良一、深尾昭寛】

 同市教委によると、古墳のある長岡南森遺跡の調査は2016年9月26日~17年3月28日に実施。三次…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文896文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです