メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリーブ

100キロを収穫 初の採油や「新漬け」製造 小田原・研究会、新たな特産品目指す /神奈川

収穫されるオリーブの実=小田原市久野で

 「オリーブ」のブランド化を、研究会を作って進めてきた小田原市で、3年をかけて100キロの収穫があり、初めてオリーブオイルや「新漬け」(塩漬け)の製造を実現させた。耕作放棄地対策や農家の所得向上が期待できる作物として、品質の向上を図りながら、小田原の新たな特産品として育てていくことを目指す。

 小田原は温暖な気候で、ミカンを中心にしたかんきつの栽培が盛ん。だが、農家の高齢化や鳥獣被害に加え、ミカンの価格が下落していることなどから、耕作放棄地が増加している。市農政課によると、同市内では2016年度の調査で、約2300ヘクタールの農地に対し、160…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです