メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原木椎茸ドレッシング

一宮の女子高生が開発 伊勢神宮へ奉納 /愛知

中野正康市長(左)に新しいドレッシングの奉納を報告する長谷川元さん(左から2人目)と修文女子高の生徒ら=一宮市役所で

 一宮市千秋町でシイタケ農場「きのこ工房U・P・ファーム」を経営している長谷川元さん(38)は、同市日光町の修文女子高校生と開発した「原木椎茸(しいたけ)ドレッシング」が完成し、このほど伊勢神宮に奉納した。

 長谷川さんは15年ほど前からシイタケを栽培しているが、一般的な菌床ではなく原木でシイタケを育てている。「手間もかかるが、おいしいシイタケができるので、その味を生かしたい。若い人のアイデアも加えて、苦…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです