メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

地区の特性に応じた計画を 北部豪雨、防災テーマ 識者ら参加 福大 /福岡

九州北部豪雨の教訓について話す地区防災計画学会の室崎会長(中央)

 九州北部豪雨の教訓と地域防災力をテーマにしたシンポジウムが23日、城南区の福岡大であった。住民が独自に決めていた基準に基づき避難した事例などが報告され、地区の特性に応じて防災活動を計画することの重要性が議論された。

 地区防災計画学会などが開いた。同学会会長の室崎益輝・兵庫県立大大学院教授は北部豪雨の被災地の一部地域で「…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]