メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州実業団毎日駅伝

小城市・ひらまつ病院8位 ニューイヤー駅伝、歓喜の初出場権 /佐賀

8位でフィニッシュするひらまつ病院のアンカー・梶原選手=森園道子撮影

佐賀市・戸上電機製作所10位 多久市・佐賀陸協選抜15位

 元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸け、23日に北九州市であった第54回九州実業団毎日駅伝競走大会(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)。県勢はひらまつ病院(小城市)が8位に入り、ニューイヤー駅伝の出場権を初めて獲得した。また戸上電機製作所(佐賀市)は10位、佐賀陸協選抜(多久市)は15位でフィニッシュした。【佐野格、取違剛】

 ひらまつ病院のアンカー、梶原有高選手が8位でフィニッシュして全国切符をつかんだ瞬間、選手らは喜びを…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです