九州実業団毎日駅伝

小城市・ひらまつ病院8位 ニューイヤー駅伝、歓喜の初出場権 /佐賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
8位でフィニッシュするひらまつ病院のアンカー・梶原選手=森園道子撮影
8位でフィニッシュするひらまつ病院のアンカー・梶原選手=森園道子撮影

佐賀市・戸上電機製作所10位 多久市・佐賀陸協選抜15位

 元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸け、23日に北九州市であった第54回九州実業団毎日駅伝競走大会(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)。県勢はひらまつ病院(小城市)が8位に入り、ニューイヤー駅伝の出場権を初めて獲得した。また戸上電機製作所(佐賀市)は10位、佐賀陸協選抜(多久市)は15位でフィニッシュした。【佐野格、取違剛】

 ひらまつ病院のアンカー、梶原有高選手が8位でフィニッシュして全国切符をつかんだ瞬間、選手らは喜びを爆発させた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文567文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集