九州実業団毎日駅伝

MHPS、一瞬逃さず連覇 最後の坂で旭化成振り切る /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュしたアンカーの定方選手(右端)を笑顔で迎えるMHPSのチームメートら=森園道子撮影
1位でフィニッシュしたアンカーの定方選手(右端)を笑顔で迎えるMHPSのチームメートら=森園道子撮影

 元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸け、23日に北九州市で開かれた第54回九州実業団毎日駅伝競走大会(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)。昨年優勝のMHPS(長崎市)が今年も旭化成(宮崎県延岡市)との競り合いを制し連覇を果たした。ニューイヤー駅伝では今年の4位以上を目指す。

 アンカーの定方俊樹選手がトップでフィニッシュした瞬間、待ち構えていた選手らに歓喜の輪が広がった。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文492文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集