九州実業団毎日駅伝

旭化成A、2年連続2位 終盤の追い上げ及ばず 旭化成延岡は11位 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2位でフィニッシュする旭化成Aのアンカー・吉村大輝選手=森園道子撮影
2位でフィニッシュする旭化成Aのアンカー・吉村大輝選手=森園道子撮影

 元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権をかけて、23日に北九州市で開かれた第54回九州実業団毎日駅伝競走大会(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)。県勢で2年ぶりの優勝を目指す旭化成A(延岡市)は終盤の追い上げが及ばず2年連続の2位となった。上位8位までが出場するニューイヤー駅伝での連覇を目指す。旭化成延岡(同)は11位、順位のつかないオープン参加となった旭化成B(同)は7着だった。【宮城裕也】

 旭化成Aは序盤に先頭集団から離されて3位となったが、5区の大六野秀畝(しゅうほ)選手が「後半きつくなるのを覚悟の上で下り坂をうまく使い押していった」と最大2分近く開いたトップとの差を38秒まで縮めて2位に浮上。続く6区の深津卓也選手が残り3キロでトップに立つ区間新の走りを見せた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文581文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集