メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/4 「絶景鉄道」地元の覚悟

紅葉の見える只見川第7橋梁を走る只見線の列車。2011年の豪雨災害で橋は流出した=福島県金山町で2008年11月、奥会津郷土写真家・星賢孝さん撮影

 東日本大震災から4カ月後の2011年7月、新潟県と福島県を豪雨災害が襲った。両県の山間部2市6町を結ぶJR只見線(約135キロ)は大部分が不通となった。12年秋までに順次復旧したが、只見川にかかる3本の橋が流された会津川口(福島県金山町)-只見(同県只見町)間(約28キロ)は復旧見込みが立たなかった。

 「絶景の秘境路線」。只見川の鉄橋をわたる車窓から望む四季折々の渓谷美はこう絶賛されてきた。一方、只…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです