メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

「ロヒンギャ」帰還合意 バングラと覚書

 【ヤンゴン西脇真一、ニューデリー金子淳】ミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が隣国バングラデシュに避難し難民化している問題で、両政府は23日、帰還に向けた覚書に署名した。ミャンマー政府は詳細を明らかにしていないが、バングラメディアは外務次官級の共同作業部会が設置されると報じた。今後、住人の特定などに向けた作業に入るとみられるが、ロヒンギャのミャンマー政府や国軍に対する不信感は根強い。

 首都ネピドーでのアジア欧州会議(ASEM)外相会合に出席したバングラデシュのアリ外相らが22、23…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです