メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「保守」とは何か

左から竹内洋、大原康男、小林よしのりの各氏

 言葉の意味は時の移ろいと共に変容する。だが、近年の日本で「保守」ほど指し示す対象が変わった言葉はそうあるまい。かつて革新陣営から「反動」と批判されたが、今や護憲派の野党政治家までもが保守を自任する。衆院選でも「保守」と「リベラル」のレッテルの貼り合いが繰り広げられた。現代の保守とは何か。

 政治学者の丸山真男が、こんな面白いことを言ったことがある。

 「日本に保守主義が知的および政治的伝統としてほとんど根付かなかったことが、一方進歩『イズム』(主義)の風靡(ふうび)に比して進歩勢力の弱さ、他方保守主義なき『保守』勢力の根強さという逆説を生む一因をなしている」と。

この記事は有料記事です。

残り4310文字(全文4593文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです