メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「保守」とは何か

左から竹内洋、大原康男、小林よしのりの各氏

 言葉の意味は時の移ろいと共に変容する。だが、近年の日本で「保守」ほど指し示す対象が変わった言葉はそうあるまい。かつて革新陣営から「反動」と批判されたが、今や護憲派の野党政治家までもが保守を自任する。衆院選でも「保守」と「リベラル」のレッテルの貼り合いが繰り広げられた。現代の保守とは何か。

堅気な「大衆の美学」が原像 竹内洋・関西大東京センター長

 政治学者の丸山真男が、こんな面白いことを言ったことがある。

 「日本に保守主義が知的および政治的伝統としてほとんど根付かなかったことが、一方進歩『イズム』(主義…

この記事は有料記事です。

残り4340文字(全文4593文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです