メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

募る埋没感 支持率1%未満 地方組織巡り、立憲と綱引き

 衆院選で公認候補を擁立しなかった民進党が、立憲民主党と希望の党の間で埋没した状況から抜け出せていない。立憲と希望を「友党」と位置付ける民進は、24日に増子輝彦幹事長が立憲の福山哲郎幹事長、希望の古川元久幹事長と個別に会談し、今後の連携のあり方などを協議する。しかし、地方組織を巡る立憲との綱引きが既に始まっており、2019年の統一地方選や参院選に向けた展望は開けていない。【影山哲也、真野敏幸】

 民進は参院では議員46人の野党第1党だが、衆院は選挙を無所属で戦った「無所属の会」など14人だけ。…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです