メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ「帰国怖い」 バングラとの合意に当惑

 【ニューデリー金子淳、ヤンゴン西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が難民化している問題は23日、発生から約3カ月ぶりに帰還に向けて動き出した。ただ、家を失った人も多く、生活を軌道に乗せるのは簡単ではない。一方、ミャンマーの国民のロヒンギャに対する目は厳しく、双方の溝は深い。

 「家も仕事場も焼かれた。家族も怖がっている」。バングラデシュ南東部コックスバザールの難民キャンプでモーラナ・ムスタファさん(32)が電話取材に言った。ミャンマー西部ラカイン州で宝石加工業を営んでいたが、身重の妻と約1カ月前にバングラへ逃れた。

 妻は20日前に娘を出産したが、帰国しても生計を立てる当てはない。「帰っても何をすればいいのか」。軍…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文754文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]