メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ「帰国怖い」 バングラとの合意に当惑

 【ニューデリー金子淳、ヤンゴン西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が難民化している問題は23日、発生から約3カ月ぶりに帰還に向けて動き出した。ただ、家を失った人も多く、生活を軌道に乗せるのは簡単ではない。一方、ミャンマーの国民のロヒンギャに対する目は厳しく、双方の溝は深い。

 「家も仕事場も焼かれた。家族も怖がっている」。バングラデシュ南東部コックスバザールの難民キャンプでモーラナ・ムスタファさん(32)が電話取材に言った。ミャンマー西部ラカイン州で宝石加工業を営んでいたが、身重の妻と約1カ月前にバングラへ逃れた。

 妻は20日前に娘を出産したが、帰国しても生計を立てる当てはない。「帰っても何をすればいいのか」。軍…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです