メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市で開かれた学会では、水素水を提供するサーバーの売り込みもあった

 健康によいイメージで一時はブームとなった水素水。いまどうなっているのだろうか。急性の脳梗塞(こうそく)など、いくつかの疾患で治療法の研究が進んでいた。

 ●ガス吸入は先進医療

 水素水と健康の関係でまず知っておきたいのは、一部でも効果が確認されたのは水素だということ。水素水をめぐっては、消費者庁が3月、販売する3社に対し、科学的な根拠がないのにダイエットや肩こりなどに効果があるかのような広告表示をしていたとして、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止策を求める措置命令を出した。

 水素そのものについては、厚生労働省が昨年11月、心筋梗塞などで心停止した患者の水素吸入を先進医療と…

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文1971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです