メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2017秋/6止 非核への流れ、前に 日本被団協事務局長・木戸季市さん(77)

「72年できなかった核兵器禁止条約ができたのだから、核廃絶も必ずできる」。木戸季市さんは言葉に力を込めた=東京都港区で

 ノーベル平和賞が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に贈られると発表された先月6日。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)事務局長の木戸季市さん(77)=岐阜市=は米ニューヨークにいた。前日、昨年春から国内外で集めている「ヒバクシャ国際署名」515万4866筆の目録を国連本部に提出したばかりだった。

 朝5時に記者に電話で起こされ、1時間後、ホテルのロビーで10人ほどの取材に応じた。今夏の国連での核…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1053文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです