メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 孤立する女性に手を 弁護士・大谷恭子さん

 容疑者が「本当に死にたいと言う人はいなかった」と供述している通り、被害者たちは生きたい、誰かと本気で出会いたいと思ったのではないか。家庭や学校、地域にも居場所がなく、生きづらさを抱える女の子たちの存在が見過ごされてきた。事件が起きた背景として、社会の構造的な問題にも目を向けるべきだ。

 司法や福祉の現場では10年ほど前から、貧困や障害、親の暴力など複合的な困難を抱えて孤立し、事件に巻き込まれたり性風俗業に流れたりして地元から消えていく10~20代の女性に気づき始めた。「自己責任」という目で…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです